第2回オリエント杯(2017.06.23)

【企画結果】
企画名:第2回オリエント杯
実施日:2017年6月23日(金)
企画者:M.Matsuda
参加人数:17人
ペーパー1位:Y.Nishimura(35/50)
Winning Answer:「フランシスコ・タレガ」
優勝:K.Nakatani(7○1×)
準優勝:K.Kawata(6○2×)
決勝進出:Y.Nishimura(4○2×) K.Yamamoto(3○2×) H.Tsukahara(1○0×)

【企画者から】
今回の企画は、前フリにはこだわりつつ難易度を比較的易しめに、そして参加者がボタンにつく・ボタンを押す機会をできるだけ増やせるように、ということを考慮して準備を進めました。2Rを全員参加・2○勝ち抜けのローリングにしてできるだけ多くの人に勝ち抜ける楽しみを味わってもらえるようにしたこと、3Rは4コース用意したことはそういった考えからです。
ご参加いただいた17名、またペーパーの試し解きと早押し問題の試し読みにご協力くださった方々はありがとうございました。

【問題例】
当日使用した問題から、数問ピックアップして掲載します。
3R-A
・池田貴史(いけだ・たかふみ)のソロユニットである、『きらきら武士』『KATOKU』など日本史を題材とした楽曲で人気のアーティストは何でしょう?

3R-B
・2001年の中央省庁再編に際しては初代国土交通大臣に就任している、2004年に女性初の参議院議長に就任した日本の元女優・政治家は誰でしょう?

3R-C
・元々は中国の伝説で重いものを背負う役割を持った竜の子供のことを意味していた、現在では特定の人を引き立てたり肩入れしたりすることを意味する漢字2文字の言葉は何でしょう?

3R-D
・(画像省略)発展途上国などで自分の年齢をはっきり覚えていない場合に起こる、年齢統計で0と5で終わる年の値が突出して多くなることを何というでしょう?

Final
・今年5月に東ティモール大統領に就任した「フランシスコ」と、今年1月に国連事務総長に就任した「アントニオ」に共通するファミリーネームは何でしょう?
・今年は芸術家アダム・シムジックが掲げた「アテネから学ぶ」というテーマで開催されている、ドイツのカッセルで4年または5年に一度、100日間をかけて行われる国際美術展は何でしょう?

【企画概要】
1R 50問ペーパー
1問1点、50点満点のペーパー。制限時間は12分。獲得得点がそのままDPとなる。
同点の場合、 近似値差(絶対値)の小さい順→抽選 で順位を決定する。

2R ローリング早押し(30問限定・1年生に配布したabcまとめプリントから出題)
2問正解で勝ち抜け。正解で正解者以外ローリング、誤答で誤答者のみローリングの後、次の出番もローリング(控えがいない場合は2問休み)。スルーの場合は全員ローリング。1~4抜け:10DP、5抜け~:5DP。

3R コース別
1人2コースを選んで参加する。獲得DPは1位:25DP、2位:18DP、3位:12DP、4位:7DP、5位:3DP。
Course-A 5by5 (30問限定)
「正解pts:0」×「誤答pts:5」=「総合pts:0」の状態で開始。正解すると「正解pts」を+1、誤答で「誤答pts」を-1する。「総合pts」が25以上で勝ち抜け。「誤答pts」が0になると失格。
判定基準:終了時の総合ポイントの大きさ→正解ptsの大きさ→ペーパー順位

Course-B 5up-down (30問限定)
5○で勝ち抜け。誤答で0ptsに戻る。2×で失格。判定基準:終了時の○の大きさ→ペーパー順位。

Course-C 5○5× (30問限定)
5○で勝ち抜け。5×で失格。判定基準:終了時の○の多さ→×数の少なさ→ペーパー順位。

Course-D 起立式二段階ボード (15問限定)
1つの問題は「画像」と「読み上げ」の2段階からなる。まず「画像」を表示し、その段階で解答したい者は起立して解答を記入する(この後の解答修正は不可)。続いて「読み上げ」に移り、着席者は解答を記入する。
起立時、正解:+3pts、誤答・無記入:-2pts。着席時、正解:+1pts、誤答・無記入:±0pts。単独正解:+1pt。

ここまでのDP上位5名がFinal進出。

Final 7○3× (35問限定、もしくは19:53まで)
いちはやく7問正解した人が優勝。3問誤答で失格。

Follow me!