あいあいパーク杯 (2017.10.27)

【企画結果】
企画名:あいあいパーク杯
実施日:2017年10月27日(金)
企画者:K.Saitou, R.Takahashi
ペーパー1位:T.Yanagisawa(35/50)

Winning Answer:日本で初めて実用的な自動改札機が導入され/たのは、阪急電鉄の何駅でしょう? 「北千里駅」

決勝進出:T.Yanagisawa, Y.Nishimura, M.Matsuda, K.Yamamoto, K.Misaki

優勝:T.Yanagisawa(7〇2×)

準優勝:K.Misaki(6〇1×)

 

【企画内容】

1st Round 50問ペーパー

1問1点、50問+近似値1問のペーパークイズ。得点がそのままDPになる。

制限時間は12分。

 

2nd Round コース別クイズ

全員2コースを選んで参加する。コース選択はペーパー上位から順に行う。

獲得DPは上位から順に25DP→20DP→15DP→10DP→5DP→3DP。

 

コース-早押し-

40問限定、連答付き5○2×。

勝ち抜け以外の判定は、○の数→×の数→ペーパー順位で行う。

 

コース-クイズグランプリ-

クイズグランプリで使われる表を用いたジャンル別早押しクイズ。正解すると問題の点数分加算され、不正解でその点数分減点される。各マスにつき問題が1問存在し、点数が高いほど難易度も高くなる。100点到達で勝ち抜け。

初回の問題選択はペーパー上位が行い、以降は正解者に選択権が移る。勝ち抜け以外の順位判定は点数→ペーパー順位で行う。

 

コース-少数派多答-

答えが複数ある多答問題を出題。ただし参加者は1つだけ答えを書き、その答えを書いた人数に応じて得られるポイントが変わる。その答えを書いた人数が自分を含めて1人なら6ポイント、2人なら3ポイント、3人なら2ポイント、4人以上なら1ポイントを獲得する。1問につきシンキングタイムは20秒。順位判定はポイント→ペーパー順位で行う。

 

ここまでの結果をもとに、DP上位4人と敗者復活1名が決勝に出場する。

 

Extra Round 敗者復活

ここまでの敗退者を対象に敗者復活を行い1名を選出する。敗者復活は以下の2ステップに分かれる。

なお、問題は全て一回生用早押し問題から出題する。

1st stepボード

参加者は全員起立し、ボードクイズを行う。シンキングタイムは2回読み上げ後5秒。正解者のみ起立し続け、不正解者は着席する。起立者が半数以下になるまで行う。

2nd step 3○1×

1st step通過者を対象に3○1×の早押しクイズを行う。

 

Final Round 7○3×

50問限定の7○3×クイズ。

問題数が終了するか、19:50に達した際にはその時点での○数→×数→ペーパー順位で優勝者を決定する。

 

【企画者から】

初の企画でしたが、良い反応を多数頂いたので一回生企画のいい滑り出しができたと思います。難しいと感じた問題もいくつか出題しましたが、あまりスルーが出なかったのは先輩たちすごいなと思いました。また、敗者復活で一回生が勝ち上がることは予測していましたが、ここまで善戦したことには驚きました。参加してくださった皆様ありがとうございました。

Follow me!